• ロゴタイトルが未設定です
  • ロゴ下部タイトルが未設定です
  • H1タグが設定されていません

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    土地活用のスタイルの一つでもある定期借用分譲とマンション経営を比較してみた

    今回は【土地活用の方法として定期借用分譲とマンション経営】についてお話します。

    土地を保有したままで分譲が可能になった定期借地(一時金方式)

    定期借地分譲というスタイルの土地活用です。近頃は定期借地権を使った新しい方式の分譲住宅である「定期借地分譲」が増加しています。

    地主さんが所有している土地の造成や区画整理をプロの事業者が行って建物を建てて分譲・販売するわけです。一般的な分譲とどこが違うのでしょうか?普通の分譲の場合は購入した人は土地と建物を取得します。

    マンションの場合は共有持ち分になります。売り主である地主さんは土地の所有権を失ってしまいます。しかし定期借地分譲の場合は違います。

    購入者が得るのは建物そのものの所有権と土地を借りて使う権利です。この権利は借地権と呼ばれます。借地権は50年後には必ず消滅することになっています。

    地主様は土地を所有したままで住宅の分譲ができるので安心して土地活用ができます。購入者側にもメリットがあります。土地を購入しませんから一般的な分譲住宅よりも安く購入できます。

    いずれ将来的には返還しなければなりません。ですが50年間です。ほぼ永住することと変わらないかたちで安く住宅を取得できます。

    定期借地分譲でもマンションと戸建てに2種類があります。定期借地権付戸建て分譲の場合は広い土地をお持ちの地主さんに向いている土地活用です。

    土地を複数の宅地に区画整理して水道や電気などのインフラを整えて住宅を建築します。

    土地活用としてマンション経営やアパート経営を考える

    マンション経営やアパート経営で安定的な家賃収入を得るにはどういった点に注意すればいいのでしょうか?ポイントはどこにあるかもまとめておきましょう。

    大切なことは事前の綿密な計画と賃貸がスタートしたあとの管理です!

    マンション経営やアパート経営で土地活用をする場合には「賃貸住宅」を建築することになります。上手く物事が運んで成功すればとっても大きな収益を安定的に得ることが可能です。

    土地活用の方法としては税制面での有利さもあり検討する余地はあります。まずは綿密な事前の事業計画を練ることでしょう。

    マンション経営やアパート経営と簡単に言いますが実際には高額な資金を使って住宅を建てなければなりません。家賃収入がスムーズに入ればいいですが予定を下回るようなことになれば、投資した資金が回収できない状態になります。

    実際に賃貸がスタートしたあとでもいろいろなコストが発生します。修繕などのコストを賄えるほどの家賃収入が得られるのでしょうか?確実に家賃収入を獲得するには、どういった住宅を建てればいいのかをキチンと押さえて詰めておくことが成功のポイントになるでしょう。

    賃貸がスタートした後の対応の課題はどういったものがあるのでしょうか?

    建物のメンテナンスがあります。設備が故障したり劣化したりすると修繕しなければなりません。家賃の収納方法はどのようにするのでしょうか?また入居者とのトラブルになった場合の対応で弁護士を立てるなどのケースも想定しておきましょう。

    空室リスクへの対応としての入居者募集の営業活動も必要になってきます。