• ロゴタイトルが未設定です
  • ロゴ下部タイトルが未設定です
  • 土地活用でマンション経営のデメリットを被ることなく行っていくうえでの大事なこと

    トップページ
    お気に入りに追加

    土地活用でマンション経営のデメリットを被ることなく行っていくうえでの大事なこと

    マンション経営・アパート経営は土地活用をするには税制上のメリットもあって有利ですが、デメリットがないわけではありません。

    今回は【土地活用でマンション経営・アパート経営をする場合のデメリット】についてまとめておきましょう。競争が激しくなったり空室のリスクがあるので注意しておきたいです。

    ■1番目は「法令上の制限に注意しなければならないこと」です。
    建物の高さや広さには建築基準法や都市計画法によって制限があるのです。例えば建ぺい率・容積率の制限があったり斜線制限です。

    マンションやアパートの賃貸住宅の場合はたくさんの人達が一緒に住むことになります。特に最近の懸念事項である地震・津波などの自然災害時の安全性という面からも規制はとても厳格なものになっています。

    建築基準法や都市計画法に加えて各都道府県の条例なども加わります。結果的に賃貸に回せる面積が予想以外に少なくなってしまうこともあります。

    ■2番目は「競争が激化傾向にあること」です。
    近頃は超低金利時代に突入しています。その結果としてマンションやアパートを購入して賃貸する方法が「旨みのある投資方法」としてクローズアップされてきています。

    それを加速させているのが都市部での地価下落です。大手の企業が都市部でのマンション建築に注力してきています。その煽りをうけて賃貸住宅の供給量が増えていて競争が激化している状況になっています。

    ■3番目は「空室のリスクが避けがたいこと」です。
    どれだけ優良な物件であっても100%消化できることはなく、ある程度の空室は覚悟しなければなりません。1年の間に1カ月空室になると8.3%の収入源になるという計算になります。

    加えて2番目にもご紹介した激しい競争のために空室リスクは大きくなってきています。資金計画を立てるときに満室を想定しないことが大切です。

    余裕を持った資金計画をしておかないと後々、資金繰りが苦しくなります。