• ロゴタイトルが未設定です
  • ロゴ下部タイトルが未設定です
  • マンション経営の土地活用の税制上のメリットを上手く活用していくべきなのです

    トップページ
    お気に入りに追加

    マンション経営の土地活用の税制上のメリットを上手く活用していくべきなのです

    マンション経営やアパート経営の土地活用をする場合に魅力的なメリットが、その節税効果です。今回は【マンション・アパート経営の土地活用の税制上のメリット】についてまとめておきましょう。

    ■1番目は「固定資産税が1/6になること」です。
    マンション用地やアパート用地は「住宅用地」としてみなされます。都市計画税や固定資産税の軽減措置があります。例えば東京都の場合の土地の課税基準を見てみましょう。

    駐車場や更地と比較すると税負担はなんと1/6にも軽減されます。建物部分に関しても新築物件の場合は一定の軽減措置がとられるのでとても有利になります。

    ■2番目は「相続税対策になって節税効果が期待できること」です。
    相続税が評価されるときにマンション用地やアパート用地は「貸家建付地」となります。駐車場や更地の土地活用と比較すると2割前後評価が下がります。

    建物部分は固定資産税評価額で評価されます。こちらに関しても建築コストの約50%から60%になります。その差額部分は節税できることになります。

    ■3番目は「相続税対策として納税資金の確保ができること」です。
    マンション・アパート経営の土地活用をして得られる家賃収入は貯金できます。実際に相続が発生した場合の「納税資金」とすることができるでしょう。

    蓄積されてきた納税資金に関しても相続財産になります。相続税そのものは増加してしまいますが納税する負担はかなり軽減されるでしょう。

    ■4番目は「所得税減税での節税」です。
    マンションやアパートの経営をはじめた最初頃は損益収支に関しては赤字になることが多いでしょう。ですがこの赤字部分はこれ以外の取得と通算することができます。

    結果的には課税所得が少なくなります。税金が減ることは良いことですが損失がでてしまっては意味がありません。けれども実際には「減価償却費」で損失が出た場合には実際の現金収支は黒字になっています。

    純粋に考えると効果的な節税であることが言えます。